※キャッシュを削除すると更新される場合があります。

復刻版:ゴールデン・レムリアン・クリスタル

マスタークラスの大きなポイントのレムリアンが入荷しています。

オレンジレムリアンやタンジェリンクォーツと似た感じですが、これらはやや不透明で表面にリチウムが付着してオレンジになっている感じ。

マスターゴールデンレムリアンは透明度の高い水晶の全体がうっすらとオレンジなのです。

ため息が出る程美しい。

3本とも高さが大体20cm、横幅が8cm程のとても大きなマスターポイントです。

もちろん重さもかなりあり、どっしりとした重量感に身体がうっとりしてしまいます。

(おっきな水晶が好きだ~)

今はお店のど真ん中に鎮座ましまし。

先日、石のエネルギーに対し尋常でない程強い感覚をお持ちのMさんがご来店。

Mさんの石のパワーの感じ方は、普通ではありません。

石と話すというよりは、石の持つパワーをダイレクトに体感してしまう方なのです。

ある意味スペシャルでエネルギーがクリアな石しかお相手することができない、石に超敏感な方なのです。

石がとても好きなのに、石屋さんに入れなかったそうです。

石のエネルギーや店内の気が澱んでいたり、レイアウトがメチャクチャだったりすると、

頭痛や吐き気、悪寒に襲われその場にいられなくなるのだとか。

ご友人の紹介ではじめてドゥニに来られたときは、入り口から中に入ってこられませんでした。

おお!うちもだめなのでしょうか~~??
とやや不安になったものの。

強すぎるので、気持ち整えてもっぺん出直してきます。と

1時間後に戻ってこられて、「エイヤっ!!」と入って来てくれました。

私は少し心配してましたが、しばらくして

「ああ、ここは大丈夫~。気持ちがいい。ここはよいです~」と

もなり、内心ほっとしましたよ。

そして何時間もご滞在されていかれました。

こんなに長く石屋さんにいたのは初めてだったそうで、とてもうれしかったです。

いつもMさんが来ると私もグラングランしますし、そして石がよく話しかけてきます。

クリスタルヒーリングでも、レイアウトが全部水晶になってしまった方の一人です。

そして、Mさんは海と「レムリア」に強く魅かれるところがあって、

素晴らしいラリマーや水晶を沢山お持ちです。

今回も店内を楽しそうにぐるぐる見て回っておられるのだけれど、

やっぱし中央のゴールデンレムリアンに引っ張られる様で、とうとう

「少し持ってみていいですか?」と。

どうぞどうぞ。

手にとっていただくとレムリアンもうれしそうに光りを反射して輝いている。

その光がMさんに当たって、そこだけが別次元の様。

綺麗だなあ~。

人が水晶を持っている姿は美しい。

私もリューメイちゃんもうっとりしていますと。。。

んんんんん~~~??

ゆら~~んゆら~~んゆわ~~ん~~

店内にむばわわわわわわ~~~んと渦巻く強力なエネルギーの波を思いっきり感じる!!

こ、これは一体??

それも、Mさんとレムリアンの方からわよ~~んわよ~~ん(他に表現が。。)と右回りに流れて来る。

うう、頭がぐらんぐらんして来る。。

ふと見るとリューメイちゃんもおわわわわわって感じで。

「今、凄いエネルギーが廻りだして、もなりグラグラしてるのですけれど。。」と

声に出して言ってみた。

「私もです」とリューメイちゃん。

「クラウンチャクラがスースーして揺れています」

リューメイちゃんのクラウンチャクラは、
高い波動を感じるセンサーのように敏感です(・ω・)/

Mさんも「私も凄く感じています。真っすぐ立っていられない位。これは凄いです。。。」

おお~~~~これは大変な事に。。

実態を感じる程の渦巻きのエネルギー。

そう、まるで海流の中にいるようだ。

そんな中、Mさんのご友人の男性だけは、

「え?何が起こってんの?何も感じませんけど~」といたって平常。

おえええええ~~(すみません)もう、船酔い状態だああ~~私。

「私達もです~~」と二人。

これはもう、完璧にゴールデン・レムリアンが目覚めちゃった。

ただならぬ空間になってしまったが、とにかく目出たいので

リューメイちゃんと揺れながら祝福の拍手を

船酔い状態が続く中、

「これは水晶を立たさねばならぬ。三角で」

と、ふと閃き

残りの2本をリューメイちゃんと1本づつ持って、三人できれいな正三角形になるように

立ってみた。

しばらすると、右回りの海流のような渦巻きエネルギーは止まり、

それぞれのゴールデンレムリアンからす~~~~と上に向けて何かが上昇し、

静かで真っすぐな光の柱が立ったような状態になった。

それはとても心地が良くて、こうあるべきなんだと3人同時に理解したのが手に取るように感じられました。

あまりにも強いフォースを感じるし、このままの状態でずっといられたら、素晴らしい瞑想状態になる。

出来るならば、静かなところで3人座ってゴールデンレムリアンを持っていたかった。

静謐な空間に浸っていたかった。

しかし、このまま店内でやっちゃう訳にはいかないので、取りあえず休憩しようと3人でクリスタルを元に戻した。

「ふ~~~、すごかったねぇ」

あまりに突然のことに、3人深呼吸。

すると今度は、もう少し優しい感じの渦巻きエネルギーが戻ってきた。

「これは、レムリアンが目覚めてしまいましたね」とリューメイちゃん。

「Mさん、絶対一緒にいた方がいいよ」私。

Mさんの背後に白い衣装をまとった2、5m位の人のようなエネルギーを感じる。

見えないけど、見える

Mさんを背後から優しく抱きしめている。

それを伝えると、Mさんも「確かに私も今そう感じています」

Mさんを包んでいるエネルギーはとてもうれしそうだ、そしてとても穏やか。。。。

是非、連れて帰ってもらいたいけど。。。

現実が正気に引き戻します。

ある程度のお値段はしちゃうので、悩んで当然ですもの。

結局、一緒に帰る事にはならなかったけど、店内は喜びのエナジーに満ちていて、

何も悲しんだり、心配する事はなかった。

ほんの少し、名残惜しいだけ。

ここで、もなりがちゃっちゃとチャネリングでも出来ればいいものを。。。

そこだけがちょっと残念。。。

でも、よくわかった。

体感する程のエネルギーと使い方。

そして、水晶は運命をちゃんと知っていて、その時がくれば必ず目覚めて働くという事も。

私にとってレムリアは、地球と人間が大調和の中に生きてる状態。

人間が何も作りあげなくとも、命を繋いでいけるような場所。

例えば食べ物も手を伸ばしたところに果実があるような。

寝る場所も自然の中に見つけられて、他の生物とも繋がって分かりあい安全。

危険というものが何一つない世界。

そこで、転生して来た魂はガイア(地球)を纏い、ガイアの命を学んでいる。

そんな感じ。

海に入っても怖くないのよ。

海とも一つだから。


海がね、戯れてくれるんですよ~。

その感覚だけは、妙にリアルなんです。。。。